選 定 理 由 書
 
1.品  名:SL医用写真撮影装置
 
2.規  格:MPS-7・FD(蛍光灯型)
 
3.製 造 元:株式会社杉浦研究所
 
4.販 売 元:杉研商事株式会社  〒158-0094 東京都世田谷区玉川4-5-4 TEL.03-3708-3411
 
5.使用目的:手術摘出標本、病理固定標本、プレパラート、レントゲンフィルム、文献、図表、器具、写真等の
       撮影及び複写に用いる。
 
6.本品を選定した理由及び特長:
       標本、資料等を良質で忠実な写真に収めておくことは、データとしての保存、あるいはそれらの活
       用、学会発表等に利用する上で極めて重要である。そこで、写真を専門としない者にも簡単に高水
       準の画像を得られる装置という観点から本品を選定した。
     特長
      1) 標本、資料等の大きさに合わせるための倍率変化を、電動で上下するパワーステージ方式で行うた
       め、カメラのファインダー位置を、使用者の最適な位置で固定したままで撮影ができる。背伸びを
       したり屈んだりしなくてすむので、撮影時における疲労が非常に軽減できる。(この方式でない物
       を長時間使用していると、頸椎、腰椎等の異常を訴える者がいるという報告もされている。*1)
        また、ステージの上下動速度を無段階に可変出来るので、ファインな調整から高速度変化ができスム
       ーズで効率の良い作業が可能である。さらに、このパワーステージ機構にオートフォースカメラを組
       み合わせれば、不潔な手で器械に接触する機会が減少し、感染防止対策が出来る。
     2) 撮影光源に蛍光ランプを使用しているので熱が殆ど発生しない。そのため標本を熱によって傷める
       ことがない。(従来の写真用フラッドランプ光源で撮影された後の病理標本を切片にして観察する
       と、組織や細胞の熱による損傷がよく見受けられた。*2)また撮影者にとっても暑くなく、快適な
       作業ができる。
      3) 蛍光ランプは、一般用とは異なる太陽光に最も近似しているカラー撮影専用蛍光ランプを採用して
       いるので、銀塩フイルム及びCCD等の撮像素子に対しての適合性に優れ、色再現が確かである。
      4) 蛍光ランプを高周波点灯させている為、フリッカーがなく、シャッター速度の変化にも的確に対応す
       るので、一般カメラ(銀塩フィルム用)はもとより、デジタルカメラの撮影に最適である。*3
      5) 被写体に対して常に均一照明が得られように照明ランプの照射角、照明距離が設定されている。そ
       のため、よい画像を得るための最大のポイントである均一照明条件が簡単に出せるので、照明ムラ
       による失敗がなく、何度でも再現性のある写真が得られる。特にデジタルカメラは銀塩カメラに比
       べ露出寛容度(ラチチュード)が小さいため、この均一照明であるということは重要な要素である。
      6) 照明がシステム化されているので透過光照明、無影照明、偏光照明、暗視野照明等、各種照明がで
       き、広範囲に亘る被写体の撮影ができる。
      7) 本体床面積及び外形寸法がコンパクトになっているため、設置場所をあまりとらない。また支柱や
       カメラ取り付け雲台が極めて堅牢にできているので、シャッターショックや外からの振動に対して
       よく耐えることができる。撮影時間のかかるスキャナータイプのカメラでもブレずに映像を取り込
       むことができる。
     8) 一般カメラ(銀塩フィルム用)とデジタルカメラの様に同時に2台取付ける為のダブル雲台が用意さ
       れている。
     9) 臓器標本の浸出液で汚れるステージ部には、オプションとして防水ステージ、防水型XYステージ
       が用意されている。常に清潔に作業ができ、清掃及び感染防止のための消毒がやり易く、メンテナン
       ス上有益である。
     10) オプション、付属品が豊富に取り揃えられているので、様々の被写体や様々の条件に対応できる。
                                                 以上
 
   参考文献
   ・ *1 岸本義博:医学写真従事者にみられた頸椎・椎間板症の一例.
                    日本医学写真学会誌 VOL.18 p96-99,1981
   ・ *2 小池盛雄:病理組織標本の作製法.
                    胃と腸 22巻7号 p857-860,1987
    ・ *3 杉浦静夫:電子画像入力照明装置への道程.
                    画像ラボ VOL.7 NO.6 p23-26,1996
 

BACK杉浦研究所HOME